藁珈琲洞〜コーヒーと季節のおいしいもの〜  waracoffeedo~coffee to kisetsunooishiimono~
 難しいことは分からないけれど、美味しいと楽しいがあれば、きっと大丈夫。


プロフィール


 
生田茂之 shigeyuki ikuta

埼玉県さいたま市(旧与野市)産まれ。
幼稚園年長時、初めて映画館で観た『 里見八剣伝』 で主人公の真田広之に憧れる。
高校三年の冬TVドラマ「白線流し」 でデビュー。
以降、約10年間映画・小劇場・ドラマ・ CMで活動。
栃木県那須高原を拠点にNPO法人スタッフとして 、ストローベイルハウスの研究活動。
東京巣鴨の珈琲サイフォン株式会社のコーノ式珈琲塾にて 焙煎〜抽出の修行。
2007年より「藁珈琲洞」として野外フェスを中心に出張喫茶活動開始。
2010年より千葉県鴨川Love&Rice fieldに参加。
2011年より「藁珈琲洞×海ねこ食堂」を生田つかさと共に活動開始。
2014年「藁珈琲洞〜コーヒーと季節のおいしいもの〜」と改め生田つかさ&生田にこと共に活動開始。
2017年より落語家ならぬ楽語家「豆屋笑々」活動開始。
 
生田つかさ tsukasa ikuta

千葉県安房郡鋸南町産まれ。
海の前にある民宿の長女として生まれる。
文化服装学院ファッションビジネス化卒業後、アパレル業界で数年働く。
その後、辻クッキングでアシスタント兼講師として働く。
2007年より「海ねこ食堂」活動開始。
2008年 実家に戻り民宿の手伝いと民宿の一角に夏限定の手作り シロップのかき氷屋オープン。
2011年より「藁珈琲洞×海ねこ食堂」を生田茂之と共に活動開始。
2014年「藁珈琲洞〜コーヒーと季節のおいしいもの〜」と改め生田茂之&生田にこと共に活動開始。
 
生田にこ nico ikuta

2012年睦月。伊丹十三監督の映画「タンポポ」を観た数時間後、母親のお腹をノック。つわりあり。
その数時間後、千葉県南房総の助産院ねむねむにて生まれる。
よく泣きよく笑う。 好奇心旺盛。生傷多し。食べること大好き。
藁珈琲洞をたまに手伝う看板娘準備中の五歳時に「 おやつNIKKO」として手作りビスケット屋の活動開始。

- . -



Profile

admin