藁珈琲洞〜コーヒーと季節のおいしいもの〜  waracoffeedo~coffee to kisetsunooishiimono~
 難しいことは分からないけれど、美味しいと楽しいがあれば、きっと大丈夫。


ツナガリ。

 
Love&Rice

愛とお米が生まれる場所。
千葉県鴨川は、
大山千枚田のすぐ裏の棚田が彼等達のフィールド。

リアルなコミュニケーションが自然に生まれて、
手仕事でしか生まれないことが最優先。
彼等はソレを調和と表現した。
いつまでも未完成の進行し続けるフィールド。

ココが、彼等が、
藁珈琲洞が作るblendの風味、
風&土のインスピレーションをくれました。

2010年7月から一年間、ここ Love&Rice Fieldで生活しました。





NPO日本ストローベイルハウス協会


日々、我々が食する米・麦などの
収穫後に出る藁という副産物を使った、
食と住を同時に得られるサスティナブル建築。

ストローベイルハウスの意義から建て方までの、
セミナー、ワークショップの開催から、
栃木県那須高原のNasu Dymaxion Villageでは、
次世代文明のライフスタイルモデルの
探求が進行しています。

藁珈琲洞の“wara”はストローベイルハウスの可能性から。



◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

モクジ   オシラセ  ゴチュウモン宅配豆 blog  photo   オ問イ合ワセ  top

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎





- . -



Profile

admin